calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

categories

archives

【新規入門者特典】

入門時に「ブログ見ました」とお伝え下さい 新極真会オリジナル空手衣をプレゼント致します

【やりたい時が適齢期】

毎週水or木曜の夜は「週1オヤジクラス」へ! 30歳以上の男性限定 元気なオヤジを目指します 初心者大歓迎!

【家族みんなで空手しよう】

親子または兄弟で入会された方限定特典の詳細は karate-nara.com へ!

【稽古について】

稽古の参加ペースは自由です  西大和・香芝・生駒の道場で稽古が出来ます  月に何回出席しても月謝は変わりません(オヤジは除く)  日曜日の稽古は行事等により中止になる事があります  祝日の稽古はお休みです

【見学無料体験入門受付中】

新極真会奈良支部公式サイトよりお気軽にお問い合わせください karate-nara.com

奈良県空手道交流試合(主催:空手道MAC奈良支部)

JFKO(全日本フルコンタクト空手道連盟)の兄弟道場である空手道MAC奈良支部主催の奈良県空手道交流試合に参加させて頂きました。支部長の丸子師範はじめ、道場生の皆様にはいつも大変お世話になっております。ありがとうございます。

20181126_2104095.jpg

幼年の部:優勝 宮武悠貴 準優勝 片岡世惟 第三位 三村綺良

小学1年生の部:優勝 小林佑安 準優勝 田村結良 第三位 馬場涼

小学3年生の部:第三位 永井秀征

小学4年生男子の部:準優勝 堀毛晴翔 

小学5年生男子の部:第三位 佐藤爽

 

チビッコを中心によく頑張りました。優勝、入賞おめでとう!!

 

ありきたりの表現になってしまいますが「勝って奢らず、負けて腐らず」です(^^)

本日出場の子ども達との付き合いは、まだまだ始まったばかりです。10年後、20年後に大成するような関係を築きながら、お互い成長していけたらと思います。大会はその為の、ひとつの手段に過ぎません。

 

ここ数年、長くやっていればこその嬉しい事や、便りが次から次へと届くようになってきました。それだけ私も年を取ったというだけかもしれませんが、たまたま入門した空手道場でのご縁を大切に育んでくれた子どもたちに毎日、元気をもらっています。今日の子ども達とも将来、そんな関係を築けたらなぁ〜と夢見ています。今後とも宜しくお願いします!!

 

自分が出場しなくても、たくさんの子たちも応援に駆けつけてくれました。ありがとう!!下の写真は奈良支部を代表する全日本ユースメンバーとルネサンス道場から唯一参加の仁くんです(^^)

20181126_2104093.jpg

良いとか悪いとかの問題ではないのですが、指導者である私と、生徒・保護者の間で空手に対する温度差を感じることも多いスポーツクラブ内のルネサンス道場ですが、まずは、こうして1人でも参加してくれたことに感謝です。これを機会にルネサンス道場も益々盛り上げていけたらと思います。ちなみに今週のルネサンス道場は休みです。スポーツクラブ独特のシステムで第五週目は休みとなります。

 

・・・ところで、今日は福井方面でも錬成大会が開催されていたのですが、前回の関西地区オヤジ交流稽古会に続き、兄弟子の大会をも応援、協力に駆けつけなかった私は、いよいよ大阪北支部OB会から除名だそうです。。。夜中に何度も掛かってくる電話を無視し続けたこともよくなかったようです(4回目で出たけど^^;)来月の大阪北支部35周年記念食事会だけは必ず参加させて頂きますので、どうか弁解の機会を与えて下さい_| ̄|○

 

上記↑全て事実であり、全て冗談でもあります(笑)。自分の育った奈良支部を大切に思ってくれる子ども達と同様に、私も大阪北支部のことを大切に思う大阪北支部出身の子どもです。もともと、優等生ではありませんが、見放さないで下さい(涙)私にも故郷は必要です(#^^#)

 

奈良で空手するなら新極真会奈良支部

https://www.karate-nara.com


和歌山県大会

黒岡師範はじめ、和歌山支部の皆様、大変お世話になりありがとうございました。25回大会の歴史もさることながら、滝先生はじめ、多くの極真の先輩方が今も在籍されていて、いろんな意味でスケールの大きい黒岡師範率いる和歌山県大会に毎年、お誘い頂き多くの勉強をさせて頂いております。本当にありがとうございます。

 

奈良支部を開設してから来年の3月で20年。毎年、選手を連れて参加させて頂いており、いつの間にか会場の和歌山県立体育館へは地図も見ずに、音楽を聴きながら他の考え事をしていてでも、自然と到着できるようになりました(笑)。

 

そういえば、現役復帰とかそんな大層なものではなく、一度、ふと「試合に出てみようかな?」と思ったこともあり、実際に試合に出させて頂いたのもこの和歌山県大会です。大会当日の朝に黒岡師範より「お〜松本、選手宣誓を頼むよ!!」なんて突然に言われて(笑)。そんな事も楽しい思い出のひとつです。結局、この試合が私の最後の大会になったのですが、とにかく思い入れのある和歌山県大会です。

 

・・・おっと、最後の大会は昨年の福井錬成大会、団体型の部でした(笑)。今週末は奈良で空手道MAC奈良支部主催の奈良交流戦が開催されますが、福井では井上先輩主催の福井錬成大会です。やむを得ず、福井を欠席となった私の悪口で当日はどうぞ大阪北支部OBの皆様で盛り上がって下さいませ(^_-)-☆

 

話しが横道に逸れたついでと言っては大変失礼ですが、今日の和歌山県大会では長くやっていればこその感動も頂きました。

 

私がまだ高校生の頃、全日本ウエイト制大会にすごい選手が出場してました。片腕が義手でありながら、当時のトップ選手とも真っ向勝負を繰り広げる島山選手という魂の選手がおられたのですが(当時の極真の機関紙、パワー空手でも大きく取り上げられてました)その島山選手が何と、今大会、選手である息子さんをつれて指導者として来場しておられました。聞けば今は、島山道場という団体を立ち上げて、ご自身で活動をされているようです。

 

どこのどいつかもわからない若輩の私が、突然、一方的に話しかけて大変失礼致しました。名刺もなく、自己紹介も何もせずに、自分のあの時の思いだけを伝えてしまいましたが、新極真会奈良支部の松本と申します。今後とも宜しくお願い致します。

 

さて、ようやく和歌山県大会の現場に辿り着きました(苦笑)

 

未来が数年ぶりに表舞台にかえってきました。いや、実質、初の表舞台と言ってもよいかもしれません。ほろ苦いデビュー戦となってしまいましたが、キミとも付き合いが長いだけにいろんな思いが交錯しました。あの時、空手を辞めずに続けることを選択してくれて本当にありがとう!!そして、これからもヨロシク!!

 

その他の選手も、これからもずっと長いお付合いができるような選手であってほしいと思います。それが一番です。そういう付き合いができてこその良好な師弟関係であり、お互い気持ちよく稽古、指導ができるものです。

 

入賞選手のコメントはなしです。毎度のことながら、審判をしながらの応援となりますので、自コート以外は応援どころか、タイミング次第で見ることもできません。今回は慶生の試合をチラッと見られたくらいで愛衣とキイちゃん(←呼び捨てにすると怒られます^^;)の試合は全く見ることができませんでした。それぞれ優勝、入賞おめでとう!!

20181124_2103035.jpg

(※撮影 子だくさんパパの確か二番目?のお嬢様。ありがとうございました!!)

幼年男女年長の部 第三位 三村綺良

小学3年生中級の部 第三位 阿部慶生

小学5年生女子上級の部 優勝 三村愛衣

 

いつも熱いサポートをして下さる保護者の皆様には本当に感謝の言葉しかありません。ありがとうございます。そして、矛盾しているようですが、保護者の皆様の手から離れて、精神的に自立してからの子ども達との付き合いが楽しみで仕方ありません。いろんなタイプの子がいますが、それぞれ大人になってからの付き合いを楽しみに、今を頑張りたいと思います。

 

最後になってしまいましたが、休日のところ、和歌山まで応援にお越し下さった皆様、ありがとうございました!!心より感謝申し上げます。

 

奈良で空手するなら新極真会奈良支部

https://www.karate-nara.com


全関西大会

はじめに大阪東部支部阪本師範、並びに東部支部の皆様、関西地区運営スタッフの皆様、大変お世話になりありがとうございました。

 

そして、奈良支部から手伝ってくれた若手審判員もありがとう。未来、ひより、紘平と順番に自宅まで送り届けて、先ほど家に帰ってきたところです。いつも頼ってしまう子たちなので、すっかり自宅の場所まで憶えてしまいました。いつもすまんね。ありがとう!!

20180916_2060980.jpg

ひよりは明日も全日本大会に向け、関西地区の合同強化稽古です。村山師範、山田師範、先生方、ご指導宜しくお願い致します。

 

さて、そんな裏部隊の支えがあってこその素晴らしい大会でした。出場選手の皆様、大変お疲れ様でした。応援の皆様、保護者の皆様、温かいサポートをありがとうございました。

 

小学4年男子軽量級 第三位 筒井琳太 

運よく私はこのコートの審判員だったので、リンちゃんの試合は全部見ることができました。小気味よいファイトスタイルが型にはまり、今日は絶好調でした!!だけに準決勝の敗退はあまりに残念でしたが、それも含めて勝負の醍醐味のひとつです。ついこの間まではノノカちゃんみたいでしたが、いつの間にか4年生になりました(*^▽^*)

 

中学3年生男子重量級 優勝 西本統士

2、3日前に統士と組手をした時に「あれっ、コイツ強なったなぁ〜」と感じていたのですが、やはりその強さはホンモノだったようです。思春期、反抗期は嘘かホンモノか、それとも照れ隠しかはわかりませんが(笑)、なんだかんだ言っても、彼が空手を続ける、続けないとは全く別の次元で、これからも長い付き合いになるような気がします。彼がどんな大人になるかはある意味、一番楽しみです。今後ともヨロシク!!

 

集合写真です。

20180916_2060984.jpg

 

・・・おっと、一人欠けてました(笑)。そう言えば他にもいない子がいるようですが、、、トイレかな(#^.^#)

20180916_2060982.jpg

あれほど胴回し回転蹴りを警戒するように伝えていたのに、、、(;'∀')

冗談はさておき、河原さんのファイトスタイルはあっぱれでした。絶対に引きません!!下がりません!!

”負けず嫌い王”の称号は伊達ではありません。河原さんくらいの精神力を持った選手が、子ども達の中から出てきたら本当に面白いと思います。

 

最後はやはり心です。ガッツとド根性、綺麗な心、潔い心、諦めない心、そして絶対的な信頼関係も心です。

 

目先の勝ち負けも大切ですが、もっともっと先を見させて頂けるような、お付合いをさせて頂けたら幸いです。

 

奈良で空手するなら新極真会奈良支部

https://www.karate-nara.com


大阪府大会速報

バーベキューの準備にてんやわんやです(苦笑)

取り敢えず速報のみでゴメンないなさい。入賞おめでとう!!

 

小学1年生男子の部 第三位 小林佑安

小学5年生男子の部 準優勝 平井尚喜

小学6年生男子の部 優勝 柴田琉央

中学3年生男子の部 優勝 西本統士

20180715_163151.jpg

内藤師範はじめ南大阪支部の皆様、お世話になりありがとうございました。また、応援の皆様、審判の紘平と祐晟もありがとうございました。

 

奈良で空手するなら新極真会奈良支部

https://www.karate-nara.com


カラテドリームフェスティバル国際大会2018

今年は東京体育館の改修工事の為、真夏ではなく少々時期を早めての開催となりましたが、”夏”と言えば一般を除く、幼年からシニアまでの全日本チャンピオンを決めるドリームフェスティバルです。

20180624_092843.jpg

来年の3月で奈良支部設立20年です。支部開設3年目から、ドリームフェスティバルの前身となる全日本ジュニア大会、全日本マスターズ大会(昔は少年とシニアが別々の日に開催されてました)に途切れることなく、毎年、出場させて頂いておりますので今年で17回目のチャレンジになります。

 

去年から全日本大会だけではなく、合わせて全国新人戦も開催されることになり、出場選手3,000名規模となり、文字通りレベルも規模も日本一のフルコンタクト空手大会となりました。

 

その新人戦にチャレンジしたのは、この春に福岡支部から移籍してきたばかりの平井尚喜くん。見事3位に入賞しました!!

 

全国新人戦 小学5年生男子中量級 第三位 平井尚喜

20180623_171533.jpg

基本、移動、型、組手、更には挨拶、気合いまで、何事に於いても気を抜くことなく一生懸命の尚喜の入賞は当然と言えば当然の結果の様な気もします。奈良支部の新人でもある彼ですが、私たちも彼から見習うべき点は多く、大きな刺激となっています。新人戦ではなく、全日本大会でも期待の持てる逸材です。3位入賞おめでとう!!

 

さて、聖の欠場で13名で挑んだ全日本の部門では、結果だけを見ると過去17回の挑戦の歴史の中で、残念ながら最低のものとなりました。全体的に早い回戦での敗退が目立ち、入賞選手もゼロという厳しい現実を突きつけられました。

 

今年は絶対的なエースが不在で、かつ、ぐいぐいと引っ張っていくようなリーダーシップを発揮する子もいなかったので、厳しい戦いになるのは当初から予想はしていたのですが、悪い意味で予想を上回る厳しい結果となりました。それでも結果は結果として真摯に受け止めないと前へは進めません。一生懸命にやった結果ではありますが、見直すべき点は多々あるかと思います。

 

支部開設20年目の来年、振り出しからの再スタートとなります。今回の敗戦を無理からにでもポジティブに捉え、もう一度、足元を見つめ直す機会を頂けたと思ってゼロ発進です。

 

原点に戻り、難しいことをしようとはせずに、日々の生活から見つめ直し、素直な心、謙虚な心、そして何よりも強くなるということを純粋に楽しめる環境を作っていけたらと思います。

 

17年間の挑戦の歴史ですが、いつの時代も保護者の皆様には多大なご協力を頂き、感謝の言葉しかありません。毎年、毎年、ある意味、選手以上に個性的な保護者の方が出てくるものですが(笑)、我が子を思う親の気持ちは、いつの時代も変わることなく、最大のサポーターであることに違いはありません。

 

最大のサポーターである保護者の皆様に笑顔をお届けしたかったのですが、今回はこのような結果となり、指導者として大変申し訳なく思いますが、引き続き、ご理解とご協力を賜れたら幸いです。保護者の皆様との信頼関係なしに選手強化は不可能です。来年に向けてもう一度、力を貸して下さい。宜しくお願い致します。

 

リベンジという表現は少々荒っぽい言葉なので、個人的にはあまり好きではありません。来年はエンジョイリベンジです。余程の事がない限り、これ以上、落ちることはないでしょう。上を向いて再出発です。来年に向けての戦いはもう始まっています。

20180624_165515.jpg

奈良で空手するなら新極真会奈良支部

https://www.karate-nara.com


| 1/35PAGES | >>